第82回異業種交流会「士の会」

2016.06.14

2016年4月6日(水)19時より21時半ころまで、新宿西口の個室イタリアンにて、第82回士の会が開催されました。
会合テーマは「社会的弱者について考える」で、社会的弱者も様々で、弱者を語る偽弱者もはびこる昨今、「弱者」とは何か、「弱者」を救うべきか傍観するのか、などの内容でした。

「社会的弱者」の例として、メンバーからは、捨て子の方や片親の方、夢を追って地方から東京へ出てきても生活が苦しく、クラブ等風俗店で働いている若い女性、子供との最低限の生活さえままならないために同じような境遇に陥っているシングルマザー、小さな事業を起こしたが、いつも生活がぎりぎりで年金を払えなかったため、70歳を過ぎても働き続けている方などが挙げられました。

しかしこうした方々が本当に「弱者」と言えるのか、議論をするにつれ「弱者」の定義自体が非常に難しいことが分かり、結局、現代社会では、まじめに働き、また働こうとしているのに生活さえままならない「経済的弱者」こそが主な「弱者」であり、そういう方々は救済すべきだし、機会の均等は与えられるべきというのがメンバーの意見の大勢でした。

「経済的弱者」の具体的救済策としては、やはり現在の著しい経済的格差を解消して、お金持ちのお金をこうした経済的弱者に回していくしかないが、その方法論はやはり難しく、まとまった結論までは出ませんでした。

なぜ北欧は「ゆりかごから墓場まで」ができるのに日本にはできないのか、さらにはブータンの例をとってお金がなくても幸せを感じることはできるし、逆にお金があっても幸せでない人はたくさんいるという「幸福論」にまで話が及び、なかなか議論の盛り上がった会合でした。
(なお、上記の「弱者」の定義自体に賛否両論あるところでしょうし、例として挙げられたような方を蔑視等する意図は当会には毛頭ございませんので、念のため申し添えます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ戻る

営業時間に関するご案内

当所ではお仕事で忙しい方の便宜を考え、土曜日、日曜日や、夜7時以降の夜間の法律相談も適宜受け付けておりますので、ご連絡の際にご遠慮なくお申し出ください。

ご相談はお気軽に

当所では初回法律相談料は無料です。
また、当所と顧問契約締結または当所に事件をご委任された場合、 2回目の法律相談料までは無料とさせて頂きます。
2回目の相談後に顧問契約締結または事件の委任を決められた場合も、受領した相談料がある場合は、その分顧問料、着手金を減額いたしますので、安心してご相談や事件のご委任をお申込みください。

お問い合わせ先

電話番号: 03-3391-8848
予約受付時間
平日・土曜 9:30~18:30
夜間・日曜祝日のご相談も適宜お受けします。
空き状況により、即日相談のご予約も可能です。
E-mail: healing@joy.ocn.ne.jp

事務所案内

杉並民事家事商事法律事務所
TEL.03-3391-8848
〒167-0051
杉並区荻窪5-11-17
第2和光ビル202

在籍弁護士
石川 一成
(第二東京弁護士会所属)
横田 将宏
(第二東京弁護士会所属)

アクセス
JR中央線総武線/
地下鉄丸の内線/東西線
荻窪駅西口下車徒歩3分
(すずらん通り)

営業時間
平日及び土曜日
午前9時30分~午後6時30分(日・祝日休)